いい状態を保つために | 絵画などのインテリアを美しく飾るために必要な額の魅力
お椀

いい状態を保つために

飾る時の注意点

額縁に入れて大切に写真や絵画を飾る人は多いのですが、飾り方に気をつけなければ状態が悪化してしまう危険性があります。いい状態を保つために必要なことをしっかりと把握しながら状態が悪くなってしまう危険から守りましょう。
特に、叙勲の際にもらった賞状はこの世に1つしか無く、交換をすることができませんので一度傷んでしまいますと修復をすることができません。
叙勲額を飾る時は特に注意が必要です。大切な賞状を守るために行わなければいけなうことをしっかりと確認しましょう。

飾る場所を考える

叙勲額などの特別な額縁を飾る時にどこに飾るべきか悩んでしまう受賞者が多いのですが、叙勲額などの額縁を飾る時はいくつか注意しなければいけないことがあります。
飾る位置が直射日光に当たりやすい場所を選んでしまうと、日光の光によって色褪せや変色の原因になってしまいます。保管をする時は日光が当たりにくい場所を探して保管場所を決めなければいけません。
また、湿気が多い場所に設置してしまうと湿気によって賞状にカビが生え、賞状が変色してしまう危険性があります。湿気が多い場所を避け、中の賞状を守りましょう。
人が行き来することが多い場所を選んでしまいますと、人の足や体にぶつかってしまい、設置した場所から落ちてしまう危険性があります。
叙勲額などの額縁を飾る時は、飾った時に問題がないかどうかしっかりと考えながら設置場所を選ぶことが必要です。